スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイカの皮の煮物

suika6.jpg

こんばんわ。
何やら東京では凄い雷や雨だそうで、ニュースで見かけてびっくりしておりました。
北海道は先日からビアガーデンが始まって、もう天気が良すぎて困っていますヾ(・ω・`;)ノ
地方によって極端すぎるのが悩みですよねー。。。

さて。

もう今年はスイカ頼みといっても良いほど、暑さ対策にスイカを食べさせていただいてます
またしてもスイカの皮レシピなんですが、これが冬瓜みたいな感じで美味しくいただけるんです♪

【スイカの皮の煮物】
スイカの皮・・・・・・・・・・・適量
ナス・・・・・・・・・・・・・・・・1本
ピーマン・・・・・・・・・・・・・1個
揚げ・・・・・・・・・・・・・・・・適量
油、ごま油、砂糖、しょうゆ


suika61.jpg

まずはスイカをカットします。
食べやすい一口大に切って冷蔵庫に入れておくと、朝起きた時の喉の渇きや、夜寝る前にちょこっと食べたりと便利ですよ♪
皮の一番緑色の部分は外し、白い部分を食べやすい大きさにカットします。

suika62.jpg

サラダ油、ごま油をちょっと気持ち多めに鍋に熱し、まずはスイカの皮を炒めます。
ちょっと硬いので先に炒めますが、わりとすぐ火が通って柔らかくなります♪

suika63.jpg

その他の野菜類も一口大に切っておいて、スイカの皮と一緒に炒めます。
さっと全体に油がまわったら、砂糖大さじ1と醬油大さじ1程度で味付けし、2~5分程度煮込んで出来上がりです!

suika64.jpg

大根よりもほろほろっとして、冬瓜寄りのさっぱり味なんです♪
夏向けの煮ものとして、暖かくても冷やしても美味しいので是非おすすめです!
カロリーのあまりない野菜なのに食べごたえはあって、カリウムも摂取できるので夏向きレシピです(´∀`)



↑応援お願いしますヾ(´∀`*)ノ
スポンサーサイト

鶏モモ肉と大根のゼリー寄せ

nikogori.jpg

こんばんわ。

連日、ゲリラ豪雨だったり猛暑だったりと、同じ日本なのにここまで違うのかと驚く天気ばかりですねヾ(・ω・`;)ノ
北海道ではちょっと肌寒かった6月を終え、またむしむしと暑くなってきた7月を迎えました。

だんだん暑くなってくると、冷たい麺類やサラダが続いたりしがちですが、まとめて作り置きすることが出来る冷たいおかず
のレシピをUPしたいと思います♪

【鶏もも肉と大根のゼリー寄せ】
鶏もも肉・・・・・・・・・・・・2枚
昆布・・・・・・・・・・・・・・・1枚
大根・・・・・・・・・・・・・・・10cmくらい
水・・・・・・・・・・・・・・・・・6カップ
醬油・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2~3
酒、砂糖、みりん・・・・・・大さじ1
ゼラチン・・・・・・・・・・・・・10gくらい

そんなに味は濃くないので、好みで醤油か塩をちょっとプラスしたりしてお好みに仕上げてくださいね♪
時間はかかるんですが、工程自体は本当に簡単です!
nikogori1.jpg

大根は皮をむいて暑さ1.5~2cm位の厚さの半月切りにします。
鍋に水と昆布、鶏肉、大根を入れて水から火にかけます。

nikogori3.jpg

沸騰してきたら灰汁をとり、20~30分弱火でコトコト煮ます。
大根を取り出してさらに20分程度程煮ます。

nikogori4.jpg

大根を鍋に戻し、調味料を加えて火を止めます。
ゼラチンを水大さじ1~2くらいで溶かしたもの(レンジで20秒くらい加熱してもOK)を加えて、ゼラチンが溶けたらあとは冷ますだけです!

nikogori5.jpg

大き目のバットやタッパーに鶏肉、大根を並べて汁を注いでいきます。
一緒に煮た昆布は捨ててもいいんですが、私は細かく刻んで一緒にいただきます(o´∀`o)

鶏肉はダイエットにももってこいなたんぱく質が豊富で、ゼラチンはコラーゲンたっぷり♪
コラーゲンって女性だけのものともいがちですが、関節痛になりにくいように予防として取っておくのもおすすめなんですよ

ちょっと大量なので半量で作るのもいいと思います(笑)
冷蔵庫で4日以上は持つので、気に入ったと思っていただけたらまとめてつくると便利ですよ♪




↑応援お願いしますヾ(´∀`*)ノ


保険ビュッフェ 評判

アスパラの挽肉巻き焼き

RIMG0144.jpg

こんにちわ。
今週は久々に旦那さんが週末2連休だったので、それはそれはダラダラとお寿司食べに行ってみたり、ラーメン屋さんにいったりと、外食多めで過ごさせていただきました♪
毎日だと栄養的にも経済的にも厳しいものがありますが、たまの外食って新鮮でいいですよねヾ(´∀`*)ノ


さて。
またしてもまだまだ旬のアスパラのレシピをUPしたいと思います。

【アスパラの挽肉巻き】
アスパラ・・・・・・・・・・・・4~5本
挽肉・・・・・・・・・・・・・・・100~150g程度
玉子・・・・・・・・・・・・・・・1個
塩、コショウ、ナツメグ、ケチャップ、ソース、小麦粉


ハンバーグよりも大雑把に作ることが出来るので、気負わず作ってみてくださいね♪

アスパラは根本の硬い部分を切り落とし、長さを半分に切ります。
小麦粉をまぶしておきます。
ビニール袋の中でやると洗いものも無く、まんべんなくつけることが出来て、さらに飛び散らないのでおすすめです。

RIMG0139.jpg

これまた挽肉をビニール袋やボールに入れ、卵、塩コショウ、ナツメグ、ケチャップ、ウスターソースを加えて良く混ぜます。
ナツメグは嫌いでなければ多めに入れると風味が出ておいしいです(`・ω・´)


RIMG0141.jpg


塩コショウはささっと、ケチャップ、ウスターソースは目安として小さじ1~2くらいで良いと思います。
粘りが出るくらいまで捏ねましょう。


RIMG0138.jpg

小麦粉をまぶしたアスパラに、すし飯くらいの大きさで挽肉を手に取って、ぎゅぎゅっとアスパラに付けていきます。
さーっと伸ばす感じで、下から挽肉のかたまりを上の方にぎゅぎゅぎゅっと握りながらスライドさせるとつきやすいです。

あとは挽肉を付けたそばから、熱したフライパンで焼いていきます。
転がしながら表面に焦げ目がついてきたら、フタをして最後は蒸し焼きにします。
こうするとアスパラもジューシーで柔らかくなります!

あとはお好みでケチャップやソースをつけて頂きます。
スティック状だと食べやすく、お肉と野菜を一緒に食べられるので、アスパラだけでなく人参やごぼうなんかでも面白いですよ♪


IMGP6623 (2)

今時期の新玉ねぎは辛みが少なく、甘みが強いので、軽くスライスして酢につけておくと体にいい箸休めの出来上がりです!
そのまま食べてもいいし、生野菜をちぎっただけのサラダにプラスしたりしてもアクセントになっておいしいですよー。
玉ねぎは血液サラサラなど、沢山薬効のある野菜なので、辛みが苦手な方も、新玉ねぎからためしてみてはいかがでしょうか。

しっかり食べて、梅雨や猛暑に耐えられる体作りをしたいですね♪



↑応援お願いしますヾ(´∀`*)ノ

ゆで豚ピリ辛サラダと人参チヂミ

o0250033310611676119.jpg
こんにちわ。

あたたかくなったなぁと思ったら、本日は気温が下がり、お昼近くでも16℃程度の北海道です。
先日やっと野菜やハーブの種まきをしてみたのですが、寒すぎるのかまだ一つも芽がでずちょっと心配しています(´Д`;)


さて。
久しぶりの更新になってしまいましたが、さっぱりしたサラダに茹でた豚肉を加えたピリ辛サラダと、人参たっぷりのレシピをUPしたいと思います♪

【ゆで豚ピリ辛サラダ】
きゅうり・・・・・・・・・・・・・・・・・1本
トマト・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個
豚肉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100~200g
豆板醤、しょうゆ、砂糖・・・・・小さじ2ずつ程度
ゴマ、ごま油

きゅうりは斜めスライスや短冊状に薄くスライスし、調味料とともに混ぜます。
豆板醤は塩分と辛みが結構あるので、様子を見ながら少しずつ足します。
きゅうりやトマトから水分が出てきて良く絡むようになるので、じゃぶじゃぶになるような量にはしなくても大丈夫です!

o0250033310611676117.jpg

豚肉は茹でて冷水にとって粗熱を取り、水気を良く切っておきます。
トマトは食べやすいサイズに乱切りにしたり、スライスしたりお好みの大きさに切っておきましょう。

o0350026210611676122.jpg

きゅうりがくったりと柔らかくなってきたら、豚肉とトマトも混ぜ込んで、冷蔵庫で10分程度寝かせて味を染み込ませたら出来上がり!
きゅうりはカリウムが豊富なので、むくみがちな方には是非沢山食べてもらいたい野菜です。
豚肉も茹でたことで油が落ち、タンパク質やビタミン類も豊富なのでたっぷり食べてもヘルシーです!

次は、ニラが無くてもおいしい人参のチヂミです♪
【人参のチヂミ】
人参・・・・・・・・・・・・・・・・・・1本
小麦粉・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ5
片栗粉・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1~2
ごま油、サラダ油

人参は皮をむいて細切りにします。
小麦粉と片栗粉に水を少しずつ加え、とろとろとちょっと緩めかな?と思うくらいのタネを作ります。

人参ちぢみ

人参を加えて良く混ぜ、熱したフライパンに流しいれて焼いていきます。
写真はわかめを加えています♪
お好きな方はわかめや昆布なんかも歯ごたえがあって美味しいですよ( ´艸`)

こんがりと片側に美味しそうな焼き色がついたらひっくり返し、反対側も焼きます。
薄めに焼くと素早く焼けて、中が生焼けになりにくいので焼くのが苦手な方は薄く焼きましょう!

人参ちぢみ2

仕上げにゴマ油を少々たらし、香ばしさをプラスすると更に美味しいですよ!
醬油につけたり、塩をふりかけたりしてアツアツをいただきます(o´∀`o)

人参たっぷりなので、いっぱい食べてもヘルシーなおつまみ♪
ちょっともっちりしていて食べごたえも満点です。
気温の変化もある時期、ちょっと疲れたなと思ったらカロチンたっぷりの人参を食べて免疫力upをはかるのも良いかもしれません!



↑応援お願いしますヾ(´∀`*)ノ

パプリカの肉詰め煮

パプリカ

こんばんわ。
ゴールデンウィークも終わり、また忙しい毎日がスタートしました。
連休明けは一気に世の中の流れも通常通りになり、休みの分も埋めるかのように残業が多くなりますよねヾ(・ω・`;)ノ
ゆっくりしていた体を急に動かすと、不調が現れることもあると思いますので、なるべくなら自分のペースで仕事が出来ればいいなぁというところです。

さて。
今日はピーマンの肉詰めならぬ、パプリカの肉詰め煮のレシピをUPしたいと思います。
ピーマンよりも肉厚で甘みのあるパプリカは、何個も詰め詰めして焼いたりする手間も無く、簡単にできます。

【パプリカの肉詰め煮】
パプリカ・・・・・・・・・・1~2個
合いびき肉・・・・・・・・・100~200g
卵・・・・・・・・・・・・・1個
玉ねぎ・・・・・・・・・・・1/2個
塩コショウ、ナツメグ・・・・適量
にんにく・・・・・・・・・・1片
カットトマト缶・・・・・・・1/2缶
ウスターソース、ケチャップ・少々
サラダ油(オリーブ油)、小麦粉

玉ねぎは荒くみじん切りにし、合いびき肉、卵、塩コショウ、ナツメグと一緒にボールで粘りが出るまで良く捏ねます。
パプリカは、縦半分に切り、種を取り除いてから、良く捏ねた挽肉を詰め込んでいきます。

パプリカ2

熱が加わると肉が縮むので、結構こんもりと詰め込んでOKです!
挽肉の面に小麦粉をつけ、小麦粉をつけた面、パプリカ側の面の両方を焼いていきます。

パプリカ3

肉の面は旨味を逃さないように強めの火力でじゅじゅっと焼いてください。
煮込むので中まで火を通す必要はないので、表面だけで大丈夫です。

パプリカ4

肉の表面がこんがり焼けたら、肉の面を下にしてダイストマトの缶を乗せて広げます。
みじん切りしたニンニク、ケチャップとウスターソースを大さじ2程度加えたらフタをして、15分程度煮込みます。
あとは挽肉に火が通ったら出来上がりです!

パプリカ5

パプリカはビタミンCがたっぷり含まれていて、生野菜が苦手な方でも煮込むと野菜が沢山摂取できます。
1個分食べるだけでも食べごたえ満点でヘルシーな肉詰め煮は、焼くとピーマンと挽肉が離れてしまうこともありますが、煮込むのでジューシーで挽肉と離れることなく作り上げることが出来ます。
ハンバーグの種が余った時なども、詰め込んで煮るだけなので是非作ってみてくださいね(´∀`)



↑応援お願いしますヾ(´∀`*)ノ
おすすめ情報
オイシックス格安
プロフィール

あみ

Author:あみ
■猫2匹と巨大猫(旦那さん)と4人で暮らしています。

食べることと飲むことと作る事が大好きな主婦ですヾ(´∀`*)ノ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセス管理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。