スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たけのことこんにゃくの土佐煮

たけのこ4

こんにちわ。
急激に寒くなったり、天気が良くても気温がぐんと低くなっている日々が続き、雪は積りはしていないんですが風邪ひいてしまいましてヾ(・ω・`;)ノ
気をつけてはいるつもりでも、ひくときにはひいてしまうものですね
ひいてしまったものは仕方がないので、周りに移さないようにしっかり食べて、暖かくして治したいと思います。


さて。
そろそろ冬に入り野菜の種類が減り始め、八百屋さんの野菜の顔ぶれが寂しい感じになってきましたが、今日は秋口にとれた山菜を使ったレシピをUPしたいとおもいます。
夏野菜とは違って派手な彩はありませんが、素朴な味わいが嬉しい一品です♪

【たけのことこんにゃくの土佐煮】
つきこんにゃく(しらたき)・・・・・・・・・・・・・1パック
たけのこ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1パック
サラダ油、しょうゆ、かつおぶし、砂糖


たけのこ

たけのこはスーパーで真空パックになったもので十分だと思います。
北海道ではねまがりたけ(細竹)という竹の子を山菜とりすることがあり、水煮にして取っておいたりしています。
お店でも打っていますが、旦那さんのおばあちゃんから頂くことも多いです。


たけのこ2

鍋にサラダ油を熱し、熱湯とさっとかけたつきこんにゃくを炒めます。
しっかり目に炒めた方が味が良くしみて美味しくなりますよ♪

たけのこ3

こんにゃくが良く炒めあがったあたりで、食べやすいサイズに切ったたけのこを入れて炒めます。
水分がこんにゃくやたけのこから出てくるので、わりと強めの火加減で炒めましょう。
たけのこにもさっと火が通ったら、砂糖小さじ1程度、しょうゆ小さじ2程度入れて炒めます。
たけのこが硬そうな場合には水を大さじ2くらい足して、軽く煮る形にすると美味しくできます♪

醬油と砂糖が面倒だったり、ダシ感を出したい場合にはめんつゆが便利です!
めんつゆ大さじ1程度と水大さじ2程度入れて炒め煮にすると、簡単に味がきまります(´∀`)

仕上げに鰹節1パックをまぶして出来上がり!

こんにゃくもたけのこも食物繊維が豊富で、お腹の調子を整えてくれるので、ダイエットにも向いているレシピです♪

もう一品、すぐにできちゃう長芋のレシピを。

【長芋のこんがりステーキ】
長芋
オリーブオイル、塩、しょうゆ

切って焼くだけなので書くことなし!という感じではありますが(笑)
皮をむいた長芋を1~3cmの厚さにきって、オリーブオイルを熱したフライパンで焼くだけ♪

もっちりした食感を味わいたい時には薄目に切って、両面こんがり焼きます。
さっくりが好みであれば、厚めに切ってさっと強火で焼くと、歯ごたえも楽しめますヾ(´∀`*)ノ

仕上げに塩や、しょうゆを垂らして焼くと香ばしさも楽しめ、生とはまた違った美味しさが味わえます。
長芋にはムチンという栄養が含まれていて、このムチンはねばねば成分が粘膜を強くしてくれたり、便秘解消やスタミナUPなど健康によい栄養素なんです。
わりと長持ちする野菜なので、1本まるごと購入して少しずつ毎日取り入れたいですね

長芋焼き2
長芋焼き




食生活・食育 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ
にほんブログ村

トマトクリームリゾット

トマトクリームリゾット

こんにちわ。
朝晩冷えてくると暖かいご飯が恋しくなりますよねー。
今日は残りご飯で簡単に作る、あったかヘルシーリゾットのレシピをUPしたいと思います。



【トマトクリームリゾット】
ご飯・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・お茶碗1杯
ベーコン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1枚程度
玉ねぎ、ナス、トマト缶・・・・・・・・大さじ2~3程度
(またはラタトゥイユ)
オリーブオイル、牛乳、シチューミックス


炊いたご飯で作るので簡単に出来上がります♪
白米でも美味しくできますが、玄米だと香ばしさもヘルシー度もUPしますよ(o´∀`o)

トマトクリームリゾット2

鍋にオリーブオイルを熱し、

トマトクリームリゾット3

以前レシピをUPしたラタトゥイユが冷凍などである場合は、ご飯をオリーブオイルで軽く炒めます。
無い場合は、野菜、ベーコンを1~2cm程度にカットしたものを炒め、しんなりしてきたらご飯とトマト缶を加えます。
焦げ付いてしまいそうな場合は水を少し加えます。

トマトクリームリゾット4

全体がしんなり馴染んで来たらシチューミックスを加えます。
固形の場合は少し砕いて入れるとムラが出来にくいですヾ(´∀`*)ノ

牛乳をご飯がひたひたになるより少し少ないくらい加え、3分くらい表面にふつふつと泡が出るくらいの弱火で煮たら出来上がり!

トマトクリームリゾット5

好みで卵を入れたりチーズを加えても
お腹いっぱい食べてもヘルシーで温まるので、朝食にもおすすめです♪



食生活・食育 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ
にほんブログ村

続きを読む

秋刀魚の煮物

サンマ8

こんにちわ。
天気が良くても気温が低い・・・雪もちらちら降る日が多くなってきました。
いつにもましてまとめてお買い物をしたくなる季節。
毎日摂取したい魚のレシピ、またサンマですが生姜の効いた煮魚です(`・ω・´)


【サンマの煮物】
サンマ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2~3尾
生姜・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1~2片
醬油、砂糖、鷹の爪

サンマ10

頭と内臓を取り除いた秋刀魚を1/2にカットします。
画像のサンマは、お腹部分を大きめにカットしていますが、煮物にする場合は内臓だけ取り出す切り方でOKです。
煮てしまうので小骨はあまり気にならないと思いますが、小骨が気になって食べにくいという場合にはおなかごと内臓を切り取ると食べやすいですよ♪

サンマ9

醬油大さじ3~4、砂糖大さじ3程度と鷹の爪、生姜のスライスを鍋に入れ、水を50~100ml加えて煮立たせます。

サンマ11

煮立ったら、さんまを鍋に入れていきます。
煮たたせる前に入れてしまうと生臭さが出てしまうので、必ず煮立ってから入れてくださいね゚.+:。(ノω`)ノ

圧力鍋がある場合は、圧力を5分程度かけたら自然に圧が下がるまで放置します。
無い場合は20分ほど弱火~中火で煮て、一旦冷ましてから食べるときにまた温めます。
一度冷ますことで味が入るので、出来れば一度温度を下げた方が味が沁み沁みの秋刀魚の煮物になります♪

日持ちするのでまとめて作って、朝ごはんやお酒のおつまみなどにも

サンマ12



食生活・食育 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ
にほんブログ村

さんまのお刺身


サンマ

こんにちわ。
もうすっかり寒くなって、夏の暑さを忘れてしまいましたが今年は夏の暑さや大雨などの影響で秋刀魚の価格が高めのスタートでした。

もうそろそろ終わりの時期かなと思いますが、簡単で美味しい秋刀魚のお刺身のレシピをUPしたいと思います♪

サンマにはヒスチジンという成分が含まれていて、脂肪の分解を促してくれたり満腹中枢を刺激してくれたりするダイエッターにうれしい効果がある魚の一つです♪


【サンマの刺身】
サンマ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適量


サンマ4

新鮮で脂が乗っていて太っているサンマが手に入った時には、是非お刺身にチャレンジ
思ったより簡単にさばくことが出来ます。

サンマ2

頭を落とし、お腹をおおきく切り落とします。
内臓だけ落としてもOKなのですが、小骨も多い部分なので簡単にさばきたい時にはおなかの部分を切り落としてしまった方が楽チンです。
3枚におろすときにもやりやすいです!

サンマ3

骨に添って枚におろし、水洗いしてキッチンペーパーなどで水気を拭き取ります。
あとは秋刀魚の皮をぴーーーっと剥がすだけ!
細身の魚は三枚おろしも難易度が低いのと、皮も幅が狭いので綺麗にむけます♪

あとは食べやすいサイズに斜め切りすれば出来上がり゚.+:。(ノω`)ノ

サンマ6

翌日に残った場合はわさび醤油に漬けておくのも美味しいですよ☆
(写真は混ぜちゃったので綺麗でなくてすみません・・・)

サンマ5

大量にまとめ買いしたり、届いた時なんかは、一気に頭と内臓だけ取っておくと後々の処理が楽チンです!


食生活・食育 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ
にほんブログ村

いくらの醤油漬け

いくら2


こんにちわ。
峠では雪が積もり始めた北海道。。。
本格的に冬の始まりが近づいてきています!
もうすぐシーズン終わりが近づいていますが、まだ売っているところでは売っている生筋子で作るいくらのレシピをUPしたいと思います♪

いくら=コレステロール

と結びつけてしまう方も多いかもしれないんですが、体にいい部分も沢山あるんですよ♪
ビタミンAやB1、B2さらにDやE、ビタミンB12と葉酸も含まれているので、食べ過ぎなければ栄養満点で体にとってもプラスな食品なんです(`・ω・´)


【いくらの醤油漬け】
生筋子・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1~2腹
醬油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・50~100g
酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30~60g



まとめてつくって冷凍も出来るので、多めに作った分はお正月用などにも使えますよ(o´∀`o)

いくら3

1パックで1~2腹くらい入っているのが多いのではないかと思います。

ボウルに塩を大匙1/2くらい入れ、人肌程度のぬるま湯で生筋子をばらしていきます。

お湯の中でそーっと指の腹で筋を取るように揉むとぽろぽろ簡単に取れていきます。筋からどんどんはずし、大体全部筋から外れたら、水がある程度にごらなくなる(2~3回)まで換えてざるにあげます。

いくら4

よく水気を切ったら器に入れ、粒がかぶるくらいの酒を入れます。

いくら5

このくらい酒を入れて、

いくら6

次に醬油を加えます。

いくら7

くるくると混ぜてから、ちょこっと塩分を味見してみてちょっと薄いかな?くらいでOKです!

いくら

一晩おいただけでぷりっぷりで、口の中ではじけるいくらの出来上がりです♪
北海道では朝食に並ぶことが多いので、ちょこっとご飯のお供という感じでの食べ方が多いです。
夜ご飯にがっつりといくら丼にするときには、その分朝~ランチなどで食べるものを調節したり、野菜をたっぷり食べてから食べるなどすると、体の吸収率などの面からも心配せずにおいしく食べることが出来るのではないかなと思います!



食生活・食育 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ
にほんブログ村

おすすめ情報
オイシックス格安
プロフィール

あみ

Author:あみ
■猫2匹と巨大猫(旦那さん)と4人で暮らしています。

食べることと飲むことと作る事が大好きな主婦ですヾ(´∀`*)ノ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセス管理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。